http://serbianscars.com/treatment.php

あなたがAGAだったら?

doctor and patient

AGAの薄毛のメカニズムはなんとなく分かったかと思いますが、あなたの薄毛の原因が何なのかは、自分ではどうにも判断できないのが残念なところです。安易な自己判断はせず、思い切って医療機関、専門医を受診してみることが大切です。
AGAの場合には頭皮のジヒドロテストステロンの成分量の多さで診断がつけられるようなので、客観的な判断なので、納得して治療を受けることができるでしょう。もちろん生活習慣やストレスなどが原因に含まれて入る場合には、その辺りのカウンセリングおよび対処も必要になってきます。

あなたがAGAだった場合には、おそらくどの専門医へ行ったとしても、第一段階の治療は、“プロペシア”と“ミノキシジル”が処方されると思われます。
カタカナばかりでややこしいですが…。

“プロペシア”とは錠剤の内服薬です。薄毛の原因とも言える、ジヒドロテストステロンの発生を抑えてくれます。
プロペシアを服用していけばジヒドロテストステロンが減り、髪が元の成長サイクルへと戻っていくことができるのです。

そしてもうひとつ、“ミノキシジル”は頭皮に塗るタイプの外用薬と、錠剤の内服薬がありますが、まずは外用薬が処方されるでしょう。
このミノキシジルは血行を促進して、元気がなくなっていた毛根の細胞に働きかけて、髪が成長できるようにしてきます。

プロペシアで髪の毛の成長を邪魔するジヒドロテストステロンを追いやって、ミノキシジルで髪の成長を促すという流れです。